にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
2007年03月21日

ハゲタカ

ハゲタカ(上) ハゲタカ(上)
真山 仁

関連商品
ハゲタカ(下) バイアウト 上 バイアウト 下 青い蜃気楼―小説エンロン アジアの隼 (上) 祥伝社文庫

おすすめ平均 star
starバブル崩壊後の日本経済のダイナミズムを描く
star早く読めばよかった
star現実の銀行マンの苦悩
star一気に読めます
star企業買収の水面下

ハゲタカNHKドラマでみました。渋くてシリアスでNHKらしい!

ターゲットになっているのは老舗旅館、おもちゃメーカー、そして大手電気会社。いずれもテレビ局にとっては大手広告主。 ドラマのモデルは想像できるから、民放じゃ広告料集めにくいドラマですね。

で、もし民放でドラマ化されても、広告主に配慮したり、視聴率あがるようにおもしろおかしく原作をねじ曲げちゃって、 恐らくここまで渋くならないだろう。

大空電気のモデルは、「家族経営&カリスマ経営者 企業は人なり」とくれば、松下でしょう。

松下が首切りやったときは、さすがに驚きましたが。

ハイパークリエーションのモデルは、どう考えてもライブドアですね。ドラマでははしょってましたが、 なかなか当時のことを思い出して生々しかったです。

追記

 第6話の従業員が自ら会社を買収するEBO。主人公鷲津と芝野の2人は自分の背負った業に落とし前をつけて、 話はきれいに終わったのだが、普通に考えて、大空電気の赤字お荷物部門を独立会社化させたからと言って、 そう簡単に再生できると思えませんね。大空電気の看板も失う訳ですし。

そう思うと少し疑問が残るラストでした。

http://www.nhk.or.jp/hagetaka/

posted by money at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。